物事の本質を追い求めて

ただただ、思いついたことを書きつらねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木の素材屋さんに行ってきました

大観音像
                 北の京・芦別には、大観音様がおわします。手前の水面は空知川。



 今日は、久しぶりに芦別の木の素材屋さんに行ってきました。

 店の名前も、そのままズバリ”木の素材屋さん”です。

 
お店 木の素材屋さん


 あらゆる用途に応じた木材を、

 これでもか!というぐらいに、工場の中に陳列してあります。



 ここに掲載している写真は、陳列してある商品のごく一部です。

木の素材屋さん工場内1
木の素材屋さん工場内2
木の素材屋さん工場内3
木の素材屋さん工場内4
木の素材屋さん工場内5
木の素材屋さん工場内6
木の素材屋さん工場内7
木の素材屋さん工場内8
木の素材屋さん工場内9


 ギター材用としては置いていませんが、

 木材の種類・厚さ・長さ・幅など、違うものがどっさり置いてあります。

 見て選別するだけで、相当な時間を要してしまいました。

 
木の素材屋さん薪ストーブ
                       薪ストーブ。盆過ぎから、すでに何回も焚いてるそうです。


木の素材屋さん工場内デスク
                                  なにか細かい作業もしているようです。


 ご主人は謙虚でありながらも、また気さくにお話される方で、

 木材の話をしているとき、

 「この材はどうなんだろうねぇ?」と、逆にたずねてきたり、
 
 材の特徴をこちらからたずねると、丁寧に分かりやすく話してくれます。

  
木の素材屋さんイメージ


 木の素材屋さん・・・。今日は長い時間お付き合いして頂き、有難うございました。

 
 追伸:今日お話したように、私のブログにリンクさせて頂きましたので、よろしくお願いします。


  今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
 どっちもクリック!お願いします !! 
スポンサーサイト
  1. 2009/09/12(土) 22:51:50|
  2. 木材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今日は小樽公園へ行ってきました

   小樽公園の真樺(マカンバ)
        小樽公園 真樺 1


 今日は、たまたま小樽市役所の近くに用事があったので、
 まだ一度も訪れていない、市役所の隣にある[小樽公園]に行ってみることにしました。
 
 小樽に引っ越してきてから、もう十五年も経つというのに、
 地元に何があるかもわからないようでは、ちょっと恥ずかしいし、
 灯台下暗しのままじゃいかんと、うちのかみさんを案内係に、うねるような坂道を探索。

 水楢・栗・桜・ドロノキなどの間を抜けたところで、巨大な樺を発見。
 北大植物園の真樺(鵜松明樺)ほどではないけど、かなり迫力がある。
 どれくらいデカイか分かるように、うちのかみさんを隣に立たせてパチリ。
 

         小樽公園 真樺 2
          小樽公園 真樺 3

 
 
   小樽市公会堂正面
  小樽市公会堂 正面

 公会堂の表玄関に入って左の階段を下りると、能舞台がスッと現れる。
 
 なんと表現すればよいのだろうか。
 そう、背筋がすくっと伸ばされるような、
 なにか張りつめた様な静けさが空間を包んでいるような。

 自然と、何かを大切にしなければならないという気持ちにさせられる。
 
        小樽市能楽堂
          小樽市 能楽堂

  小樽市 能楽堂 2

 靖国神社能舞台(旧・芝能楽堂)を構想に入れた、格式の高い能舞台。
 鏡板の松の絵は狩野派の筆による。
 檜(ひのき)は九州産、杉は佐渡産を巧みに使っている。
 大正15年(1926年)建設。

  小樽市 能楽堂 4

  小樽市 能楽堂 3

  小樽市 能楽堂5



   小樽市役所
  小樽市役所

   小樽市役所玄関前の板屋楓
         板屋楓 小樽市役所 横                 

 菊ギター第12号板屋楓(イタヤカエデ)の巻きを書いたときに紹介した、
 小樽市役所玄関前のイタヤカエデとイチイ。

  板屋楓 小樽市役所 全体
  板屋楓 小樽市役所 看板

   小樽市役所玄関前のイチイ
  イチイ 小樽市役所 1
  イチイ 小樽市役所 看板


 今日は実りある一日でした。

 使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0MEGAPIXEL

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
 どっちもポチッとお願いします
  1. 2009/08/17(月) 23:44:02|
  2. 木材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

朴・桂・栓・真樺 の巻き

 朴のヘッド天神板
 朴(ホオノキ)の波状杢 (菊ギター第7号)

朴・桂・栓・真樺
この4種は、日本由来の木。

朴 : 日本刀の鞘。(朴葉味噌、樹皮は生薬で風邪に効く?)
桂 : 将棋版 (またその甘い香りを放つところから、フランスで樹木そのものが大人気だとか?)
栓 : エレキギター(和製アッシュとも呼ばれている?)
真樺: 零戦のプロペラ。(別名、鵜松明樺。古式ゆかしい長良川の夜の鵜飼鮎漁のタイマツ。)
  

    桂岡小学校 桂の葉
    市内の小学校校門脇の桂の木  うちわのような丸い可愛い葉
    バニラのような甘い香りを放つときが来る 一度嗅いでみてほしいなぁ


        銭函川 橋から
        自宅近くの渓流

    銭函浄水場
    近くの浄水場 

    桂岡 上の方 エンジュ街路樹
    近くのイヌエンジュの街路樹の並木
   
            大根アップ
            今年の家の大根 潜り込んで写したら、なんか力強い。

今日はここまで

 使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0MEGAPIXEL

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
 どっちもポチッとお願いします    

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2009/08/03(月) 01:29:51|
  2. 木材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼胡桃(オニグルミ) 続編

オニグルミ アップ

  昭和51年11月、今から33年前に、岩手のじいちゃんの実家から送られてきた鬼胡桃。
   オニグルミ 新聞

きょう、家のかみさんに、「昔ね、岩手から送られてきたオニグルミがあるよ」って聞いた。
へえーー、それで何処にあんのよ?って聞いたら、「物置の棚の上に置いてあるダンボール」。
ほーーどれどれとダンボールを開けてみたら、なんと真っ茶色のくるみがごっそり入っているではないですか!!
これはいつ頃のやつかなぁと思っていたら、ふと、新聞が上にかけてあったことに気づいた。
それで新聞の日付を見てみると、昭和51年11月3日になっていた。
そして指折りかぞえてみたら、なんと33年前ではないですか!!!!
正真正銘の、岩手産33年物。
一個だけ割ってみたら、ちゃんと身が入っていた。
口に入れてみたら、くるみだよー、ちゃんと!
いやーー、長持ちするねーー!って、感動しちゃいましたよ、久々に!

ほっといたら、どれくらいもつのかなー。

      オニグルミ 全体
   クルミを割った


10号 7号 ボディーウラ並び
オニグルミの木肌の色も、さまざま。木肌が白っぽいからといって、べつに辺材じゃないよ。

   菊ギター7号 サイドアップ


ミニトマト逆光ミニトマト順光
ミニトマト やっと赤くなってきました

    セルゲイ外ゆったり
    家の三男坊 サルーキのセルゲイくん 今年9月で13歳 まだまだ元気ですよー

今日はここまで

 使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0MEGAPIXEL

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
 どっちもポチッとお願いします

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2009/08/02(日) 00:24:07|
  2. 木材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

菊ギター第7号 鬼胡桃(オニグルミ)の巻き

菊ギター第7号 全体表真横

 ショートスケール596mmカッタウェーガットギター
    表板:    北海道産エゾマツ単板
    板/側板:  北海道産鬼胡桃(オニグルミ)単板
    棹:      檜(ヒノキ)
    指板・下駒:北海道産浅田(アサダ)
    天神板:   北海道産朴(ホオノキ)
    ロゼッタ:  北海道産朴(ホオノキ)
    バインディング: 無し
    牛骨ナット幅50mm弦幅40mm 牛骨サドル弦幅58mm
    7本扇ハウザー風ブレージング(ヒノキ)
    クリアラッカー超薄塗りハケ塗装(最終、#2000紙ヤスリ水研ぎ仕上げ)
    型は無し 接着剤はタイトボンド

菊ギター第7号 全体表左斜下菊ギター第7号 全体ウラ左斜下

鬼胡桃といえば、アメリカではブラックウォルナット。
ブラックウォルナットといえば、世界三大銘木の一つ。
世界三大銘木は、ウォルナット(北米)、マホガニー(中南米)、チーク(東南アジア)。
これら3種類の共通したことといえば、かつて欧州各国が植民地支配して手に入れたこと。

今から400年以上前(日本でいえば室町時代中期から後期にかけての頃)、コロンブスの北米大陸発見から始まり、マゼランの世界一周をきっかけに、後進国への植民地化を拡大していった。
スペイン・ポルトガルなどは中南米を、オランダ・フランス・イギリスなどは、インド・東南アジアで東インド会社をそれぞれ設立。欧州各国で、木材・香辛料・ゴムなど商取引が盛んに行われた。
当時の欧州の財と富は、決して、現地の人たちとの正当な貿易によるものではなく、現地の人たちの労働力を搾取することで得たものであり、言葉を選べば植民地支配、言い方を変えれば単なる強奪にすぎない。
現在の欧州各国の繁栄は、そういった悲しい歴史を礎にして築かれたものであるということを、知る必要があると思う。(ちなみに、日本も東南アジア各国を侵略し強奪した、日本は悪いことをしたと思っている人たちが、けっこういるようだが、それは違う。はっきり言って違う。日本が侵略したのは、インドネシアを300年以上も侵略し植民地化してきたオランダに、インドやビルマなどのイギリスに、インドシナ・マレー半島などのフランスに対してであり、日本がそれらの各国を追い出してからは、現地でインフラ整備をし、学校・病院などを建て、それまで禁止されていたそれぞれの民族の固有の言語を復活させた。また、現地の人たちによる軍隊を養成し、自分たちの力で自分たちを守るということを教えた。現に、戦後またインドネシアを取り返しに来たオランダ軍が、日本軍が育てた現地の軍隊に破れ去っていった。そのとき、まだ帰還できなかった日本兵約2000人が一緒に戦い、約1000人が命を落とした。現在もインドネシアでは、命を落とした日本兵をインドネシア独立の英雄として、毎年セレモニーを行っている。だから、現在の東南アジア各国では、日本が侵略したなどとは一言も教科書にも載せていないし、そればかりか、日本のおかげで独立できたんだと思っている人たちがほとんどなのだ。戦前、独立していたアジアの国は、チベット・タイ・日本の3カ国だけだっだということを知っているか。シナ中国も、日本軍がおびき寄せられる前は、ロシア・アメリカ・フランス・イギリスなどの侵略によって分割支配されていたということを知っているか。かの毛沢東も日本のおかげで中華人民共和国を建国させることが出来た、と言っていることを知っているか。朝鮮半島もロシアの南下政策に対抗できず、日本と併合する道を選んだということを知っているか。それもこれもすべて、白人による侵略から独立を守るための対抗手段だったのだ。結局のところ、日本はアメリカに戦闘では負けたが、アジア各国が、その後独立を果たしていったことで、戦争目的は達成している。私たちのご先祖様は、決して悪いことなどしていない。もし日本が立ち上がらなかったら、未だに白人支配のままで、ただこき使われているだけだったかもしれない。そして今でも東南アジア各国に対して、私たち日本人の税金によって、ODAなどの巨額の援助を行って発展の手助けをしている。かなり大まかすぎるが、これが真実なのだ。日本人であることに誇りを持て。)

欧州の現代ギターの発展も、ローズウッド・ハカランダ・マホガニーなどの南洋材とめぐり合っていたからこそである。しかし現在、「ハカランダ・本物のマホガニー」は、度重なる乱伐によって幻と化してしまった。大変残念なことです。
でも、チークは東南アジア各国において、植林事業が管理されているようで、全国のホームセンターなどでも結構見ることが出来るようです。
日本と関わった国は、必ず発展するのです。

いやはや、話がけっこう脱線していってしまいましたが、いろいろと考えているうちに、熱くなってしまってきて、すいません。

でも何故だか、鬼胡桃を見るたんびに、いつも無意識にそんなことを思っちゃっていたみたいで、悪しからず。
菊ギター7号 イメージ屋内窓
巨峰
まだ青い巨峰  今年で、ようやくまともになった。いつごろ黒くなるかな。楽しみだ。

今日はここまで

 使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0MEGAPIXEL

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
 どっちもポチッとお願いします

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2009/08/01(土) 03:30:17|
  2. 木材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Author:kikuguitar
ギターを作ることが大好きなおっさんが、小樽の片田舎から、思いついたことを書きつらねる。



ギターのご用命はこちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://kikuguitar.thebase.in/ 



いつもお世話になっています
↓↓↓↓↓↓↓↓
CRANE Home Page
自給自足のスローライフ

ブログランキングに参加しています。クリックすると投票されます。
人気ブログランキングバナー
    ↑         ↑
こちらにお越しの際は、クリックしてもらえると励みになります。
        ⇒ランキングを見る



カテゴリ

ギター制作コンセプト (2)
弾き語り (5)
ギター演奏 (22)
菊ギター弾き比べ (1)
菊ギター第16号制作日記 (19)
菊ギター第15号制作日記 (26)
菊ギター第14号制作日記 (25)
菊ギター第9号 (1)
菊ギター群 (1)
ギター (1)
チューニング (1)
ソロギターの魅力 (1)
ソロギター練習記 (3)
接着剤 (1)
木材 (8)
犬 (12)
セルゲイ (2)
畑 (9)
写真日記 (31)
娘 (8)
小樽住吉神社 (3)
スナップ写真 (7)
終戦記念日 (1)
釣り・渓流 (2)
ひまわり (2)
料理 (1)
未分類 (1)
大雪 (2)
天皇誕生日 (2)
神社 (1)
孫 (1)
アンジー(anji) (1)
仕事 (1)
菊ギター第6号 (1)
菊ギター第8号 (0)
ソロギター (0)
菊ギター17号製作日記 (1)
インちゃん (0)
みのりちゃん (6)
ランディングネット製作 (1)
渓流と森 (1)
スキー (1)
北海道神宮 (1)
菊ギター製作記 (7)
道具 (2)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。