物事の本質を追い求めて

ただただ、思いついたことを書きつらねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山形と北海道の「うど」って全然違う!

うど2種(山形と北海道)
左の葉が小さいのが山形の沢ウド 右が北海道の沢ウド どっちも自宅の畑で栽培(植えてからもう10年ぐらいになるのかな)


うど切り口
左が山形 右が北海道


ようやくウドが食べごろになって、うちのかみさんが収穫。

かみさんが何気に切り口の香りを嗅いでみたらしく、「香りが全然違う!」と言いに来た。

私も手に取って嗅いでみたら、両方とも同じウドか!?って思うぐらい別物!

これにはビックリ仰天。

山形のウドのほうは、その香りから刺身で食べてみようかと思うほど、ウド特有のアクは少なく感じられ、

むしろさわやかさが漂ってくる。

北海道のほうは、もう目を押さえたくなるほどの強烈な「ツーン」としたウド特有のアクの強さが鼻を突いてくる。

アクが強いから刺身や和え物などにするには、よほどアクをしっかり抜かないとダメだろうなと思うぐらい。

だけど天ぷらだったら、特有の「キドさ」(これ山形弁かな?)もなくなってウドの香りを楽しめるのかなって思う。

たぶん、本当のウド好きと言われる人たちは北海道の方を選ぶんじゃないだろうか。


今日は、生のままのウドの匂いを嗅いだだけで、これだけの違いがあるのが一発で分かるんだってことに感動した一日でした。(笑




うど・こごみ・タラの芽
今日、みのりと近所を散歩して、ついでに道端でみつけた「こごみ」と「タラの芽」をちょいと失敬。(笑


うど収穫
今日、うちの畑で収穫したウド。


料理準備
夕食の準備。


ゆでたうどとここみ
茹でた「ウド」と「こごみ」。


山菜づくし
今日の夕食は「ウドとこごみとタラの芽の天ぷら」と「こごみの胡麻和え」と「ウドと油げとちくわの炒め物」の山菜づくしでした。。。



ギターのご用命はこちらからどうぞ
店名:kikuguitar URLはこちら→ http://kikuguitar.thebase.in/



スポンサーサイト
  1. 2013/05/21(火) 18:13:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

「こくわ」が熟れ頃

こくわが熟れ頃
果汁が滴りそうな「こくわ」の切り口(別名:さるなし)(2011年11月6日撮影)           使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL 


今年も、自宅裏庭に植えている「こくわ」がようやく熟れてきた。

「こくわ」は小さい和製キウイとも言われ、味も似ているけれども、

その野趣あふれる甘酸っぱい繊細な味は「美味」としか言い表せない。

果汁がジュワッと口の中いっぱいに広がって、

一個食べたらもう病みつきになってしまう。


ヒグマやツキノワグマの大好物で、

冬眠前にどっさりと食べるらしい。

山で「こくわ狩り」をするときは、クマとのご対面に要注意!!



こくわ5こくわ2
裏庭で「こくわ」がたわわに実った。   もぎ取る前に、「こくわ」の皮を指でちょっと摘まんでみて熟れ具合が分かる。

こくわ3
早く食べたいけど写真撮ってから・・・ガマンガマン

えへ~~~、いっぱい食べてしまいました。。。  

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
  ポチッと押してやってください!!
  1. 2011/11/08(火) 20:45:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

もってのほか!

  もってのほか花1
  もってのほか花2
  裏庭で、じいちゃんばあちゃんが自家栽培している食用菊【もってのほか】



  今日は食用菊「もってのほか」のおひたしの作り方を・・・。
                          山形名物もってのほか ⇒ 食用菊 (Wikipedia)


  一昨年も「もってのほか」の記事をアップしましたが、

  今回は、最初から最後までの作り方を写真でお見せします。


  まずは、畚(ふご)を持って「もってのほか」の花びらだけを摘んできます。
  はなびら摘み


  花びらをきれいに洗いましょう。
  水洗い


  半日ぐらい水に浸してアク抜きします
  あく抜き


  さあ、これから茹でますので、まずは準備するもの。
  お酢と塩です。
  茹でる準備


  大きめの鍋に水を多めに入れ、次にお酢と塩を少々(量は適当)を入れ煮立たせます。
  お酢と塩を入れることで、花びらの綺麗な紫色が保てます。
  茹でる準備 2


  お湯が煮立ってきました。
  湯が煮立ってきた


  手早く花びらを鍋に投入!
  花びら投入


  花びらを鍋に入れたら手早くかき混ぜ!
  茹で時間はホウレンソウを茹でるときのような感覚で。茹ですぎないように注意!    
  ちょっと興奮ぎみで、あせってカメラがブレました。(笑
  かき混ぜ


  茹で終わったら、流水で手早く締めましょう。
  水で締める


  手でしっかり水気をしぼって!
  水気しぼる


  好きなように皿に盛り付けましょう!
  盛り付け


  醤油だけでも美味しいけど、
  お好みで大根おろしやお酢や鰹節などをふりかけて、さあ!!召し上がれ~~。
  さあお食べ


  甘みがあってシャキシャキっとして、ごはんのおかずにも酒のつまみにもバッチシ!
  アップ
 

  よっ!そこの酒飲みのダンナ! ヨダレが・・・。(笑


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
  ポチッと押してやってください!!

  1. 2011/10/26(水) 21:02:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

収穫した300本の大根を いったいどうするのか?!

食に適さない大根葉は、畑の土に還します。
大根葉を土に還す



収穫した300本の大根を いったいどうするのか?!

という疑問を持たれた方がいらっしゃったようなので、

我が家の大根の消費の仕方を、記事をもってお伝えしようと思います。


通常内地では、まだ暖かい日が続きそうなときは、大根漬用に干すことは出来ますが、

こちら小樽では、今日雪が降ってきたように寒さが厳しくなって、干しても凍ってしまいます。

お隣さんも一週間前に干したそうですが、凍ってしまったそうです。


我が家は、セントラルヒーティングになっているので、家の中は快適です。

玄関脇に物置があり、大根を新聞紙で一本一本くるんで、

発泡スチロールの箱に詰めて保存します。

この物置は、家と壁一枚でくっついているので、家の温かみが物置に伝わります。

毎年凍るようなことはありませんでした。


大根葉は、全部さっと茹でて、よく水を切り、刻んでから冷凍庫に冷凍保存します。

食べたい時に、いつでも簡単に冷凍庫から取り出して料理に使えます。


要するに、長い冬に備えて、春になるまでの4~5ヶ月間の保存食です。

また、家のわんこの食事は手作りなので、わんこたちも消費を手伝ってくれます。



大根葉の後処理の動画を撮りましたので、

どうぞご覧ください。


注意: 動画の画面の中心をクリックしても映らなかった場合は、
    画面のすぐ左下のタイトルをクリックしてみてください。
    FC2動画に飛んで、取り敢えずは見れると思います。


家の畑と物置
[高画質で再生]

収穫した300本の大根を いったいどうするのか?!

[広告] VPS


大根葉を茹でる
[高画質で再生]

収穫した300本の大根を いったいどうするのか?! 2

[広告] VPS


茹でた大根葉を切って冷凍庫へ
[高画質で再生]

収穫した300本の大根を いったいどうするのか?! 3

[広告] VPS



       玄関脇の物置。大根を一本ずつ新聞紙にくるんで、
       発泡スチロールの箱に入れて保管します。
       大根を発泡スチロールに保存


大根葉。袋10個ぐらいになった。
茹でを待つ大根葉


さっと茹でた大根葉。
茹で終わった大根葉


茹でた大根葉を切って、フリーザーパックに小分けして冷凍します。
茹で終わった大根葉を切る


家の前の畑
大根葉を土に還す表


家のウラの畑
大根葉を土に還す裏



 今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
  ふーーん!って思った人はクリック !!
  1. 2009/11/11(水) 22:03:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

大根300本収穫しました

大根収穫1


今日は朝から雨。


菊ギターの制作は小休止。



もうかなり寒くなってきました。



朝早くから家族総出で大根収穫です。

2つの畑に大根300本。

葉っぱも全て食べます。


厳しい冬に備えます。



7月29日、秋大根の種を撒くために、肥料を混ぜて土おこし。
大根種まき前の土おこし


8月6日、秋大根の芽が出た。
秋大根の芽1


すくすく育つことを願う。
秋大根の芽2



収穫の様子を録画しましたが。

一人で大根を抜きながら撮影したので、

的外れなところが写り込んでしまってますが、

雰囲気だけでもどうぞ。


注意: 動画の画面の中心をクリックしても映らなかった場合は、
    画面のすぐ左下のタイトルをクリックしてみてください。
    FC2動画に飛んで、取り敢えずは見れると思います。

[高画質で再生]

大根300本収穫しました

[広告] VPS


[高画質で再生]

大根300本収穫しました 2

[広告] VPS



写真の大根の数は、まだ5分の1ぐらい。
裏の畑にも、まだ沢山残ったまま。

大根収穫2


大根収穫3


大根収穫4


大根収穫5


大根収穫6


この後、裏の畑の大根も全て抜きました。



 今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
えっ! 300本?! って思った人はクリック !!
  1. 2009/11/10(火) 20:14:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:22
次のページ

プロフィール

Author:kikuguitar
ギターを作ることが大好きなおっさんが、小樽の片田舎から、思いついたことを書きつらねる。



ギターのご用命はこちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://kikuguitar.thebase.in/ 



いつもお世話になっています
↓↓↓↓↓↓↓↓
CRANE Home Page
自給自足のスローライフ

ブログランキングに参加しています。クリックすると投票されます。
人気ブログランキングバナー
    ↑         ↑
こちらにお越しの際は、クリックしてもらえると励みになります。
        ⇒ランキングを見る



カテゴリ

ギター制作コンセプト (2)
弾き語り (5)
ギター演奏 (22)
菊ギター弾き比べ (1)
菊ギター第16号制作日記 (19)
菊ギター第15号制作日記 (26)
菊ギター第14号制作日記 (25)
菊ギター第9号 (1)
菊ギター群 (1)
ギター (1)
チューニング (1)
ソロギターの魅力 (1)
ソロギター練習記 (3)
接着剤 (1)
木材 (8)
犬 (12)
セルゲイ (2)
畑 (9)
写真日記 (31)
娘 (8)
小樽住吉神社 (3)
スナップ写真 (7)
終戦記念日 (1)
釣り・渓流 (2)
ひまわり (2)
料理 (1)
未分類 (1)
大雪 (2)
天皇誕生日 (2)
神社 (1)
孫 (1)
アンジー(anji) (1)
仕事 (1)
菊ギター第6号 (1)
菊ギター第8号 (0)
ソロギター (0)
菊ギター17号製作日記 (1)
インちゃん (0)
みのりちゃん (6)
ランディングネット製作 (1)
渓流と森 (1)
スキー (1)
北海道神宮 (1)
菊ギター製作記 (7)
道具 (2)

最新記事

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。