物事の本質を追い求めて

ただただ、思いついたことを書きつらねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お待たせしました! 出来ました!!! 菊ギター第14号

菊ギター第14号完成正面全体菊ギター第14号完成ウラ全体



 いろいろと、ご心配をお掛けしてしまいまして、申し訳ございませんでした。

 ここ一週間ほどの間、ご訪問、コメントを下さった皆様に、心から感謝いたします。

 本当に、ありがとうございました。



 さて、菊ギター第14号が完成しましたので、

 ようやくですが、公開させていただきます。


 塗装の工程から順を追って参ります。

         
                     (あくまでも自己流であることを、おことわりしておきます。)



 塗装の前に、フィンガーボードにマスキングテープをニスが入らないように貼り付けます。
 また、サウンドホールの中に、ニスが流れ込まないように、新聞紙などで穴を塞ぎます。
塗装の準備1


 ニス塗りの道具です。サンディングシーラーとクリアラッカーを使用します。
 私はハケ塗りをします。直射日光を避けて日陰でやります。
塗装の準備2


       写真は、サンディングシーラーを塗り終わった後です。
       サンデジングシーラー表
       サンデジングシーラーウラ


 サンディングシーラーが乾いたら、#400の紙やすりで平滑になるように磨いていきます。
 そのあと、白いカスをぼろきれでふき取ります。


       写真はクリアラッカーを塗り終わった後です。3度塗りしました。
       3度目はたっぷり厚塗りしてます。 
       クリアラッカー表


クリアラッカーウラ


 さて、ここからが肝心なところなのですが、

 #2000の紙やすりで水研ぎをしてフィニッシュの予定でした。

 でも、なかなか上手くいかず、

 いたるところがデコボコ状態で、それを平らにしようと焦って角側のラッカーを剥がしてしまい、

 また、全体にラッカーの塗りなおし。

 開き直って、水研ぎを、#320から#600#1200#2000まで順次進めて、

 納得いくようになるまで、丸2日かかってしまいました。

 そこから、ぼろきれでガンガン磨いてようやく完成しました。

 そのあと、ブリッジを貼り付けましたが、

 紙やすりの水研ぎからブリッジ貼り付けまでの写真が、事情があってありません。



 サドルとナットを作ります。どちらも牛骨です。
 細いやすりで、弦の支点になる溝を掘ります。写真はこれからナットの溝を掘るところ。
ナット溝作り


 ここから弦をギターに張って、菊ギター第14号の完成です。 



 菊ギター第14号  以前の菊ギター群をバックに
菊ギター第14号完成前作といっしょ


菊ギター第14号完成ボディー全体斜

菊ギター第14号完成表全体斜

菊ギター第14号完成ウラ全体斜

  菊ギター第14号完成ヨコ1全体菊ギター第14号完成ヨコ2全体

菊ギター第14号完成指板全体斜

       菊ギター第14号完成指板全体ヘッドから

菊ギター第14号完成表ボディー全体反射

菊ギター第14号完成表ボディー下部

菊ギター第14号完成表ボディー下部アップ

菊ギター第14号完成ウラボディー下部アップ

菊ギター第14号完成ウラボディー上部アップ

菊ギター第14号完成ウラボディーヒール部アップ

菊ギター第14号完成ヒール部アップ

菊ギター第14号完成ネックアップ

菊ギター第14号完成ヘッド部アップ1

菊ギター第14号完成ヘッド部アップ2

菊ギター第14号完成指板ヘッド側から左斜

菊ギター第14号完成ヘッド側からボディー斜

菊ギター第14号完成右肩正面アップ

菊ギター第14号完成右肩斜アップ

菊ギター第14号完成左肩斜アップ1

菊ギター第14号完成左肩斜アップ2

菊ギター第14号完成左側からボディーアップ

菊ギター第14号完成右ウェスト部アップ

菊ギター第14号完成右腰アップ1

菊ギター第14号完成ブリッジ1

菊ギター第14号完成全体ウラ斜1

菊ギター第14号完成全体表左斜1



 菊ギター第14号 2009年10月吉日完成

 ナイロン弦専用6弦ギター

 ショートスケール 596ミリ

 カッタウェイ 右利き用

  
 弦:           プロアルテのスタンダード。

 フレット高さ:      1.2ミリ

 12フレットの弦高:  1弦2.8ミリ~6弦3.8ミリ

 0フレットの弦高:   1弦1.1ミリ~6弦1.6ミリ

 ナット幅:        50ミリ

 0フレット弦幅:     40ミリ

 サドル幅:        80ミリ

 サドル弦幅:      57.5ミリ

 12フレットネック幅:  59.5ミリ

 12フレット弦幅:    49ミリ

 表板:          北海道産えぞ松単板ブックマッチ

 うら板:         センターが本州産ケヤキ2プライ(自家製)
              両サイドが北海道十勝産犬エンジュ単板

 側板:          北海道十勝産犬エンジュ単板

 ネック:         北海道産ホオノキ一本作り

 指板:          北海道産浅田(アサダ)

 下駒(ブリッジ):    北海道産浅田(アサダ)

 ブレージング:      ヒノキ・エゾマツ・アサダ混合 ハウザーとトーレスのミックス(自己流) 

 パーフリング:      内側がオニグルミ 外側がケヤキとオニグルミの市松模様

 バインディング:     板屋カエデ

 塗装:           クリアラッカー

 接着剤:         タイトボンド

 糸巻き:         キクタニ 35ミリピッチ (交換可能)



 今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
よくやった!!今度は音色を聴きたい!! と思った人はクリック !!  
スポンサーサイト
  1. 2009/10/03(土) 21:57:27|
  2. 菊ギター第14号制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

本体の作業工程完了!!!(菊ギター第14号)

本体完了1


 今日は、本体の制作がすべて完了しました!!!!!

 フレット打ちの残り分から、ネック削りまで。

 思いのほか、きれいに上がったと思います。


 それでは、順を追って参ります!

                    (あくまでも、自己流であることをおことわりしておきます)


 昨日の、フレット打ちの残り分を作業開始。
フレット打ち1


 フレットを打ち込んだら、出っ張りを金やすりで削ります。
フレット削り1


 とりあえず、フレットは全部打ち込みました。
フレット打ち2


 定規を当て、デコボコになっていないか確認。
フレット直線確認


 フレットの両端を、指の引っ掛かりが無いように角を滑らかにします。
フレット削り2


 けっこうきれいに並んでます。
フレット打ち3


        フレット打ちの作業終了。
       フレット打ち終了



 残りはネック削り。クラフトナイフ一本で勝負!
ネック削り道具


 ネックの厚みの私の理想は、ヘッド側が21ミリ、ボディー側が24~25ミリです。
 がっつり気合を入れて行きましょうか!!!!!
ネック削り1
ネック削り2
ネック削り3
ネック削り4
ネック削り5
ネック削り6
ネック削り7
ネック削り8


 とりあえず、だいたい形はついたようなので、
 紙やすりで整えていきます。
ネック紙やすり1


 紙やすりで磨いている途中、デコボコのところに気付いたら、
 またクラフトナイフで手直しして、また紙やすり。
 紙やすり#60で形が整ったら、#400までかけていきます。
ネック紙やすり2


 最後、ぼろきれで磨いてネック制作は終了。
 この時点で、本体の作業は完了しました。
ネック紙やすり3




 ここからは、記念写真集をどうぞ・・・。
               ブリッジは、まだ接着はしていませんので、あしからず。
               ブリッジ接着は、塗装が終わってからします。
ネック完了屋内3



ネック完了屋内2



ネック完了屋内5



ネック完了屋内4



ネック完了屋内6



本体完了表5



本体完了バック2



本体完了表2



本体完了バック3



本体完了表3



本体完了表4



本体完了バック1



本体完了バック4



 フィンガーボードは、オレンジオイルで磨いてます。
オレンジオイル1


 
 次回は、塗装。

 クリアラッカーを使いますが、 

 ニス塗りは、私・・・・・苦手です。



 今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
よーーし、がんばれ~!! と思った人はクリック !!
  1. 2009/09/26(土) 22:29:41|
  2. 菊ギター第14号制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

フィンガーボード貼り付けました!!(菊ギター第14号)

フレット打ち下側



 今日は、指板(フィンガーボード)の、

 *フレット溝切り

 *指板の磨き

 *12フレット~20フレットのフレット打ち

 *指板接着

 までの作業をやりました。



 焦らず、じっくりとやってます。

 

 
 それではいつものごとく、順を追って参りましょうか。

                      (あくまでも自己流であることを、おことわりしておきます。)


     指板を押さえつけ、金属切専用の刃をつけた糸鋸でフレット溝を作ります。
     実際は、フレット溝切り専用のノコギリがありますが、私は持っていないので、
     糸鋸を代用しています。
     フレット溝切り前


     溝切り開始。
     フレット溝切り開始


 溝切り終了。
フレット溝切り終了


 溝アップ
フレット溝切り終了アップ


 フレット打ち用の道具です。
 これも専用の物がありますが、持ってないので、日曜大工用の物を代用してます。
フレット打ち道具


 フレット打ちの前に指板を磨くのを忘れてました。
 紙やすり#180~#2000までかけてから、
 オレンジオイルを使ってぼろきれでゴシゴシやりました。
 (オレンジオイルの容器を、写真の中に入れるのを忘れてしまいました。)
指板磨き1
指板磨き2


 フレットをペンチで切ります。
 ここで大事なのは、フレットを打つときに、直接ハンマーで叩かずに、
 平面の木材をフレットにあてて、ゆっくりハンマーで打つことです。
フレット打ちペンチ


フレットの出っ張りを、金やすりで削り取って整えます。
フレット打ち下側


 接着 
指板接着




指板接着終了


 次は、残りのフレット打ち。   ネック削り。



北海しまえび


 7月に紋別から送ってきた”北海しまえび”を解凍!

 今日は久しぶりに、これをつまみに 日本酒(住吉)一合だけ いただきます。



 今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
お~~~、もうちょっとかっ!! と思った人はクリック !!
  1. 2009/09/25(金) 21:28:04|
  2. 菊ギター第14号制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

指板(フィンガーボード)制作始めました!!(菊ギター第14号)

指板作図イメージ


 今日は、夕方から指板(フィンガーボード)の制作を始めました。

 作業工程も、いよいよ最終段階に入ってきました。

 
 それではいつものごとく、順を追って参りましょうか。

                      (あくまでも自己流であることを、おことわりしておきます。)


指板材は北海道産のアサダ(浅田)5ミリ厚です。
上芦別の”木の素材屋さん”で仕入れたものです。

それと、写真の中の白い紙はフレットのスケール表です。
CRANE Home Page ( http://www.crane.gr.jp/ )さんが開発した、
TSULTRA FRET CGI Ver2.3.7を利用させてもらっています。
このフレットスケール表がなかったら、
自由なショートスケールのギター制作は有り得ませんでした。
これを発見できたからこそ、ギター制作の決心が出来ました。
ここでも改めて、クレーンさんに感謝申し上げます。
ありがとうございました。
指板作図前全体道具


フレットスケール表にのっとって、えんぴつで印をつけていきます。
ここでの注意点は、木材のナット側の角度が90度であることと、
角度スケールをあてて線を引く側が、直線であることです。
基点となる角度と直線がきっちりと出ている木材を、前もって作っておくことが重要です。
指板作図前アップ
指板作図終了


ガイドライン通りに、のこぎりでカットします
指板作図後のこぎり切り取り開始


糸鋸で、サウンドホール側を丸くカットします。
カットした後は、紙やすりでガタガタを取り除きます。
指板作図後のこぎり切り取り終了
指板作図後のこぎり切り取り終了アップ


今日の作業はここまででしたが、
ギターネックに指板を重ねてみました。
なかなかいい感じになりそうな予感です。
指板全体ボディーイメージ


 次は、フレット打ちと、ネックと指板の接着ですよ!



 今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
お~~~、いよいよかっ!! と思った人はクリック !!
  1. 2009/09/24(木) 20:52:55|
  2. 菊ギター第14号制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ボディーやっと完成しました!!!(菊ギター第14号)

市松模様パーフリング完成カッタウェイ1


市松模様パーフリング完成ボディー全体斜



 今日は、ボディーの仕上げがやっと終わりました!!!


 クラフトナイフで市松模様を削り落としてから、

 紙やすりで#60~#400までかけていきました。

 最後は、ぼろきれで磨いて終了。

 
 塗装の前に、もう一度最終仕上げをします。


 仕上げをしているところは、手が開かないので途中の写真はありません。

 仕上げが終わってから角度を変えて撮影したので、写真だけアップします。


                     (あくまでも自己流であることを、おことわりしておきます。)



市松模様パーフリング完成アップ1


市松模様パーフリング完成カッタウェイ3


    市松模様パーフリング完成ボディー全体正面


バインディング完成ウラアップ1


バインディング完成ウラアップ2


バインディング完成ウラアップ3


ボディー完成全体表はす


ボディー完成全体ウラはす



 全体的に、けっこうきれいに仕上がったと思います。

 
 次回は、指板(フィンガーボード)の作成です。

 音程の良し悪しを決定する大事な工程です。

 より慎重な作業が求められますね!



日の丸の旗



 今日も、秋分の日で旗日でした。

 日の丸は、やっぱりきれいです。



 今日はここまで

                          使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
まだ続くのか~~!! と思った人はクリック !!
  1. 2009/09/23(水) 20:47:50|
  2. 菊ギター第14号制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

kikuguitar

Author:kikuguitar
ギターを作ることが大好きなおっさんが、小樽の片田舎から、思いついたことを書きつらねる。



ギターのご用命はこちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://kikuguitar.thebase.in/ 



いつもお世話になっています
↓↓↓↓↓↓↓↓
CRANE Home Page
自給自足のスローライフ

ブログランキングに参加しています。クリックすると投票されます。
人気ブログランキングバナー
    ↑         ↑
こちらにお越しの際は、クリックしてもらえると励みになります。
        ⇒ランキングを見る



カテゴリ

ギター制作コンセプト (2)
弾き語り (5)
ギター演奏 (22)
菊ギター弾き比べ (1)
菊ギター第16号制作日記 (19)
菊ギター第15号制作日記 (26)
菊ギター第14号制作日記 (25)
菊ギター第9号 (1)
菊ギター群 (1)
ギター (1)
チューニング (1)
ソロギターの魅力 (1)
ソロギター練習記 (3)
接着剤 (1)
木材 (8)
犬 (12)
セルゲイ (2)
畑 (9)
写真日記 (31)
娘 (8)
小樽住吉神社 (3)
スナップ写真 (7)
終戦記念日 (1)
釣り・渓流 (2)
ひまわり (2)
料理 (1)
未分類 (1)
大雪 (2)
天皇誕生日 (2)
神社 (1)
孫 (1)
アンジー(anji) (1)
仕事 (1)
菊ギター第6号 (1)
菊ギター第8号 (0)
ソロギター (0)
菊ギター17号製作日記 (1)
インちゃん (0)
みのりちゃん (6)
ランディングネット製作 (1)
渓流と森 (1)
スキー (1)
北海道神宮 (1)
菊ギター製作記 (7)
道具 (2)

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。