物事の本質を追い求めて

ただただ、思いついたことを書きつらねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遡上している「鮭」を発見

  おんこの実アップ
  自宅近くの「おんこの実」(2011年10月撮影)
                         使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL

  
  今日の夕方、銭函川の「堰」を撮影していると、

  川の中で、うごめく白っぽいものがちらつく。

  よく目を凝らしてみると、

  尾が白っぽく剥げ落ちた、10数尾の「ほっちゃれ」寸前の鮭だった!

  
  激しく縄張り争いをしているようだった。


  こんな街の中を流れる小さい渓流にも「鮭」が遡上していたとは!!


  この土地に何年も住んでいて、

  今の今まで、そんなことも知らなかったなんて・・・。




尾が白っぽい鮭が、あっちに行ったりこっちに来たりしている様子が写っています。↓
[広告] VPS


  堰
  鮭が遡上する銭函川(2011年10月28日日夕方撮影) ↑ ここに沢山いた!
  使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL


  かこう3
  先日撮影したこの河口のカモメの下にいたのは「鮭」だったのか・・・・。

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
  ポチッと押してやってください!!
スポンサーサイト
  1. 2011/10/28(金) 23:17:09|
  2. 釣り・渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

近くの渓流を探索

  渓流6
 

  渓流3


 私は、二十歳代の若い頃、よく渓流釣りをした。

 山形県内陸部で生まれ育ったこともあり、釣りといえば、川の釣り。

 小学校、中学校の頃は、近くの下流域の清流で、ハヤやオイカワ。

 車の運転免許を取ってからは、山に行ってヤマメやイワナやニジマス。

 水溜りを見れば、すぐ糸を垂らしたくなるほどの釣りきちだった。

 
 私の釣りのモットーは、釣った魚は食べること。

 持って帰って、その晩のおかずにする。

 だから、私の釣りのスタイルはエサ釣り。

 遠く届きそうもないポイントを狙うときだけ、スピナーでルアー釣り。


 でも、今は釣りはしない。


 今から10数年前、

 道東のかみさんの実家の近くを流れている湧別川全域を、数年かけて制覇した。

 ニジマス、アメマス、ヤマメ(こちら北海道ではヤマベと言う)、オショロコマなどを釣りまくった。
 
 下流部から釣り上がり、湧別川の最上流部(北見峠)に魚止めのような滝があり、

 これ以上釣り上がったら、いつヒグマに出会うかもしれないという所で、

 この滝を湧別川の最後にしようと決め、イタドリムシをエサに糸を垂れる。

 
 入れ食いとは、まさにこのことで、

 オショロコマが、投入後1秒もたたないうちに食いついてくる。

 
 無我夢中で、20尾も釣り上げたころ、ふと私の足元を見ると、

 産卵のために遡上しようとしたオショロコマが、跳ねる方向を間違えたのか、

 勢い余って岩に叩きつけられ、ニョロニョロバタバタと、岩の上でもがいている。

 
 その様子をズーッと眺めていたら、何か、いとおしく思えてきて、

 岩の上に座って、しばらく滝登りに挑戦しているオショロコマを観察していた。

 
 そうしてたら、その健気(けなげ)な姿に、いつの間にか情が移ってしまい、

 釣りをしようという気持ちは、完全に失せてしまっていた。

 
 その時から、これまでまったく釣りはしていない。



        渓流4
                               まだ若いオニグルミをバックに


 湧別川の支流に支湧別川があるが、
 
 こちらの方が本流なのではないかと思えるくらい、川幅がある。

 この川の主流はニジマスで、オショロコマは上流にいかないと、あまり見かけない。

 
 なぜ、こんなことを言うのかというと、ニジマスがオショロコマの生活圏を奪っているから。

 本流にオショロコマがいるのに、こちらではニジマスしか見かけないのは、

 常識的に考えてもおかしい。


 日本には、もともとニジマスは存在しない。

 ニジマスのふるさとは北米であり、
 
 いつの事なのかは、はっきりとは分からないが、

 クレソンとともにこの日本へ持ち込み、放流した。


 とにかく、外来種(ニジマス・ブラックバス・ブルーギルなど)は強すぎるのだ。
 
 
 もし、枝川がなかったら産卵した卵が食い尽くされ、 

 また、孵化しても、稚魚の段階で、ニジマスの格好のエサになってしまう。

 そして、いずれ絶滅に追い込まれるのではないのだろうかと危惧してしまう。

 
 ほんと、戦後の日本人のやることは、なにかがおかしい。
 

  渓流2
       

今日はここまで

 使用カメラ: オリンパス FE-150 5.0 MEGAPIXEL

人気ブログランキングバナー
     ↑        ↑
 どっちもポチッとお願いします
  1. 2009/08/24(月) 01:18:29|
  2. 釣り・渓流
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kikuguitar

Author:kikuguitar
ギターを作ることが大好きなおっさんが、小樽の片田舎から、思いついたことを書きつらねる。



ギターのご用命はこちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://kikuguitar.thebase.in/ 



いつもお世話になっています
↓↓↓↓↓↓↓↓
CRANE Home Page
自給自足のスローライフ

ブログランキングに参加しています。クリックすると投票されます。
人気ブログランキングバナー
    ↑         ↑
こちらにお越しの際は、クリックしてもらえると励みになります。
        ⇒ランキングを見る



カテゴリ

ギター制作コンセプト (2)
弾き語り (5)
ギター演奏 (22)
菊ギター弾き比べ (1)
菊ギター第16号制作日記 (19)
菊ギター第15号制作日記 (26)
菊ギター第14号制作日記 (25)
菊ギター第9号 (1)
菊ギター群 (1)
ギター (1)
チューニング (1)
ソロギターの魅力 (1)
ソロギター練習記 (3)
接着剤 (1)
木材 (8)
犬 (12)
セルゲイ (2)
畑 (9)
写真日記 (31)
娘 (8)
小樽住吉神社 (3)
スナップ写真 (7)
終戦記念日 (1)
釣り・渓流 (2)
ひまわり (2)
料理 (1)
未分類 (1)
大雪 (2)
天皇誕生日 (2)
神社 (1)
孫 (1)
アンジー(anji) (1)
仕事 (1)
菊ギター第6号 (1)
菊ギター第8号 (0)
ソロギター (0)
菊ギター17号製作日記 (1)
インちゃん (0)
みのりちゃん (6)
ランディングネット製作 (1)
渓流と森 (1)
スキー (1)
北海道神宮 (1)
菊ギター製作記 (7)
道具 (2)

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。